鼓門の下でバスを待つ少女

投稿日: コメントするカテゴリー: 金沢水彩画

金沢には「弁当忘れても傘忘れるな」と言う格言があります。
雨の日が多いという意味ではなく、
朝は晴れていても途中で雨が振ったり、
また晴れたりと一日の天気が変わり易いという意味です。

金沢の玄関口である兼六園口には、訪れる人に差し出す雨傘をイメージし、
おもてなしの心を表わしたガラスの建造物「もてなしドーム」と
その正面には金沢で昔から盛んな伝統芸能の
鼓をイメージした「鼓門」が構えます。

その横には大きなバスターミナルがあり、
朝はサラリーマンもいますが学生たちでいっぱいです。

ムクゲ(木槿)の花

投稿日: コメントするカテゴリー: 金沢水彩画

金沢の尾崎神社辺りを歩いていたら遠くに白い花が見える
近づいてみると、もくげのようだが芙蓉の花との見分けがつかない

帰って調べてみると正式にはムクゲ(木槿)で別名ハチス、もくげとも言うらしい
夏の暑い盛り子供の頃、近所にもあり
もくげの花と教えてもらった
多分ムクゲ(木槿)の花だろう

洋風の塀から覗く緑がとても美しい

投稿日: コメントするカテゴリー: 金沢水彩画

金沢市広岡2丁目の民家の洋風の塀から覗く緑がとても美しくオシャレ。
直ぐ近所だが歩いてみないと見つけられない・・・

ネタ探しに歩いているとなかなか良いものに出会わないが
用事があって出かけると偶然に見つかることがも多い

急いでいてカメラを向けるゆとりが無い時に限って見つかるが・・・
2〜3日経ってから行くと花が枯れていたり・・・

もっと時間にゆとりを持って出かけると良いのだが
貧乏性は歳をとっても治らない・・・。

金沢駅前の両雄

投稿日: コメントするカテゴリー: 金沢水彩画

金沢駅前の高級ホテルの両雄、JALとANA
ホテル日航金沢とANAクラウンプラザホテル金沢は道を挟んで真向かいに並びます。

金沢は一日の天気が変わり易いので、
昔から「弁当忘れても、傘忘れるな!」と語り継がれている街です。
ANAは駅直結、JALも地下のスロープでつながっていますので
雨の多い金沢ですが、どちらも濡れずにホテルに向かえます。

JALは金沢一の高層ビルで金沢のどこからでも見えます。
もし観光にいらっしゃいましたらJALを見つければそこは金沢駅です。
兼六園や21世紀美術館からも30分ですので歩けない距離ではありません。

「ご馳走四分一」の丸格子

投稿日: コメントするカテゴリー: 金沢水彩画

金沢市本町を歩いていて見つけた「ご馳走 四分一」の玄関の丸格子
丸格子と緑の組み合わせが風情があって素敵です。
金沢は観光の街ですが有名な見所もたくさんありますが
思わず見つけた風景に魅力を感じています。
同じ風景も季節によって見え方も違い歩くのが大好きです。

趣ある美しい竹垣

投稿日: コメントするカテゴリー: 金沢水彩画

金沢の高岡町を歩いていて見つけた竹垣
観光地として有名な土塀の街並みも他にありますが
金沢市文化ホールのこの竹垣も美しい
昨今、人工的な素材も多くなりましたが天然素材の竹垣はいいですね。
天然ならではの風合いが感じられ情緒があります。

金沢はたくさんの人の手で落ち葉の清掃や樹木の手入れなどで
美しさが保たれています。
手作りの美しい街を守り続けて欲しいです。